2019.5.18 02:35(1/2ページ)

湘南DF杉岡大暉「主審は『入っていない』と一点張りだった」 判定の質向上を望む

湘南DF杉岡大暉「主審は『入っていない』と一点張りだった」 判定の質向上を望む

湘南DF杉岡大暉「主審は『入っていない』と一点張りだった」 判定の質向上を望む

湘南DF杉岡大暉「主審は『入っていない』と一点張りだった」 判定の質向上を望む【拡大】

 ゴールネットを揺らしたという自信はあった。それでも、主審は一貫してゴールを認めなかった。湘南ベルマーレDF杉岡大暉は「なんで?という思いが一番強かった」という。

 湘南は17日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節で浦和レッズと対戦し、3-2の逆転勝利を収めた。前半は浦和に2ゴールを許し、杉岡自身のシュートがネットを揺らしながらも、ノーゴールとなるなど苦境に立たされた。それでも後半、菊地俊介の2発で追いつくと、極めつけは後半アディショナルタイムに山根視来が豪快にシュートを決めて勝負あり。苦しみ抜いた末に、劇的なドラマが待っていた。

 「ベルマーレの凄さというか、底力というのをピッチに立った自分自身も感じた。本当に素晴らしいチームということを自分たちが一番感じることができた」

 激闘をそう言って振り返った杉岡。勝ったとはいえ、前半にノーゴールとなったシーンは試合を終えた今でも疑問が残るという。「ほんと、なんで?という思いが一番強かった。確実に入っていたので、びっくりしました」と回想。「そんなに俺、抗議していないんですよね、ゴールは入ったと思っているので。なので、ちょっと信じられなかったです」と、当時の心境を口にした。

 それでも「(主審は)『入っていない』と一点張りだった」ことを明かし、「浦和の選手も『入っている』と言っていた」ことにも言及。「さっきビデオを見たら西川(周作)選手も入ったと思ってボールを投げているので。そこまで…判定を変えても誰も怒らないと思いました」と率直な感想を述べた。

【続きを読む】

  • 前半、浦和・宇賀神(左)と競り合う湘南・杉岡=埼玉スタジアム
  • 前半湘南・杉岡大暉のゴールがノーゴールの判定となり、主審に詰め寄る湘南・チョウ貴裁監督=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決める湘南・菊地(左手前)=埼玉スタジアム