2019.5.18 00:05

湘南・真壁会長、誤審はつきものだが「手遅れになる」 浦和戦でゴール巡り試合中断

湘南・真壁会長、誤審はつきものだが「手遅れになる」 浦和戦でゴール巡り試合中断

前半 湘南・杉岡大暉のゴールがノーゴールの判定となり、主審に詰め寄る湘南・チョウ貴裁監督= 埼玉スタジアム (撮影・中井誠)

前半 湘南・杉岡大暉のゴールがノーゴールの判定となり、主審に詰め寄る湘南・チョウ貴裁監督= 埼玉スタジアム (撮影・中井誠)【拡大】

 17日に埼玉スタジアムで行われたJ1浦和-湘南の前半30分すぎ、ゴールを割ったかに見えた湘南の得点が認められず、一時試合が中断する事態となった。湘南のチョウ貴裁監督や選手らが約5分間、山本雄大主審に詰め寄って抗議したが、判定通りに試合は再開された。

 問題となった場面では、湘南の杉岡が放ったシュートが右ポストに当たり、ゴールラインを割って反対側のサイドネットを揺らしたかに見えた。浦和のGK西川も悔しそうにボールを拾ってセンターサークル方向に投げたが、そのまま浦和ボールとなり攻め込んだ。

 視察に訪れていた村井満チェアマンは「入ったように見えた。人間の判定には誤りはあるけど、しっかり研さんしていかないといけない」と述べた。

 湘南の真壁潔会長は「サッカーに誤審はつきものだけど、提言していかないといけない。手遅れになる」と話した。

試合結果へ勝敗表へ

  • 前半、浦和・宇賀神(左)と競り合う湘南・杉岡=埼玉スタジアム
  • 試合に勝ち、喜ぶ湘南イレブン=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決める湘南・菊地(左手前)=埼玉スタジアム
  • 前半、ゴールを決めポーズをとる浦和・ナバウト=埼玉スタジアム
  • 前半、先制ゴールを決め、タッチを交わす浦和・長沢(右から2人目)=埼玉スタジアム