2019.5.17 23:45

「欲しいのはクラブにふさわしい選手だけ」失意からの巻き返しを誓うスールシャールが補強方針を明かす

「欲しいのはクラブにふさわしい選手だけ」失意からの巻き返しを誓うスールシャールが補強方針を明かす

「欲しいのはクラブにふさわしい選手だけ」失意からの巻き返しを誓うスールシャールが補強方針を明かす

「欲しいのはクラブにふさわしい選手だけ」失意からの巻き返しを誓うスールシャールが補強方針を明かす【拡大】

 マンチェスターUのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、クラブの文化と歴史にふさわしい選手だけと契約を結びたいと語った。

 今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ前監督の下で苦戦を強いられたマンチェスター・Uの指揮官に就任したスールシャール監督。当初は無敗を続けるなど絶望的だったトップ4に近づくも、終盤になると大不振に陥り、最終的に6位でシーズンを終えた。

 新シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得できないことが決まったマンチェスター・Uは、今夏にチームの刷新が行われると予想されている。アレックス・ファーガソン氏が退任して以降、最も重要な夏を迎えるであろう同クラブの補強方針をスールシャール監督はクラブの公式アプリで明かした。

 「マンチェスターUの選手として適切な振る舞いができる選手がクラブにいなくてはならない。クオリティもある選手が必要で、ファンもエキサイティングなプレーをする選手たちを見たいはずだ。我々はここから立ち上がらなければならない。そのためには、命を懸けてプレーするかの如く守るディフェンダーが欲しい」

 「我々の選手たちや子供たちを正しい人間にするために我々は努力している。私の考えでは、ベストプレーヤーはいつだって最高の人間であるべきだ。それに、これは我々の文化であり、倫理観も持っていなければならない。我々は移籍市場でそのような適切な選手たちを探している」

 さらに、マンチェスター・Uが過去の栄光を取り戻すにはもう少し時間が掛かると話し、サポーターに忍耐強く、温かく見守ってほしいと懇願した。

 「この偉大なクラブを指揮することは大きな責任があるとわかっている。とても大きな責任だが、私が唯一約束できることは、私の持っている能力を出し切ることだ。だから、今までのようにチームを支えて欲しい。本来のポジションに戻るために全力を尽くすから、信じ続けて欲しい。来シーズン、我々は新鮮な気持ちでスタートを切りたい」(Goal.com)