2019.5.12 16:17

川崎、清水に4発快勝!破竹の5連勝 先制弾の小林悠は負傷交代

川崎、清水に4発快勝!破竹の5連勝 先制弾の小林悠は負傷交代

川崎、清水に4発快勝!破竹の5連勝 先制弾の小林悠は負傷交代

川崎、清水に4発快勝!破竹の5連勝 先制弾の小林悠は負傷交代【拡大】

 明治安田生命J1リーグは12日に第11節が開催。IAIスタジアム日本平では清水エスパルスと川崎フロンターレが対戦した。

 リーグ戦2連敗中の清水は、ミッドウィークに行われたJリーグYBCルヴァンカップでもガンバ大阪に1-3で敗戦。良いところなくグループステージ敗退が決定した。今節対峙するは、リーグ戦で約4年勝利のない川崎F。苦手とする相手に流れを変える白星を挙げることができるか。先発にはこの試合でJ1通算300試合出場となるGK西部洋平が入ったほか、古巣対戦となるエウシーニョもスタメン入りした。

 対する川崎Fは現在6試合無敗の4連勝中と好調を維持。知念慶の爆発に加えて、無得点が続いていた主将の小林悠が2試合連続ゴールをマークしているのも、チームの勢いを加速させている。先発にはジェジエウが2戦連続メンバー入りしたほか、知念慶ではなくレアンドロ・ダミアンがスタメンに。小林悠と2トップを組む。

 川崎Fは5分、右サイドで小林のコンビネーションから馬渡和彰が抜け出すと、勢いよく右足でシュート。しかし、これはGKのセーブに遭ってしまった。10分には齋藤学の突破から最後はゴール前で待っていたL・ダミアンが反転してフィニッシュに持ち込んだが、DFにブロックされてしまった。序盤から好調の川崎Fが攻勢に出るスタートとなった。

 すると23分、左からのCKを得ると、キッカーは脇坂泰斗。蹴り込んだボールにジェジエウが頭ですらすと、ファーサイドで待っていた小林が右足で合わせる。清水は必死にクリアしたが、ボールはゴールラインを割っていたとして、川崎Fが敵地で先制点を奪った。

 さらに45分、川崎FはL・ダミアンが強引にドリブル突破を図ると、最後は右からクロス。これに脇坂が頭で押し込み、追加点を獲得。前半は川崎Fがリードして折り返した。

 2点を奪った川崎Fだったが、後半にアクシデントが襲う。57分に先制点の小林が足を痛めてピッチに倒れ込んでしまう。主将はそのままプレー続行不可能となり、長谷川竜也との交代を余儀なくされた。

 清水は62分に立田悠悟のクロスにドウグラスが豪快なバイシクルシュートを放ったが、惜しくも枠の左に。その後に河井陽介を下げて鄭大世を投入し、北川、ドウグラス、鄭大世が3トップを形成。前目の姿勢を取るが、逆にセットプレーからピンチを招くなど、抜け目のない川崎Fの試合運びに苦慮。

 すると80分に川崎Fは大島僚太が強烈なドライブシュート決めると、後半アディショナルタイムにはL・ダミアンに今季3ゴール目が飛び出し、勝負あり。川崎Fがアウェイで清水に4-0と快勝。5連勝の7戦負けなしで暫定2位に浮上した。(Goal.com)

試合結果へ勝敗表へ