2019.5.11 17:25(1/2ページ)

C大阪が横浜Mに3発快勝 都倉は前半負傷交代

C大阪が横浜Mに3発快勝 都倉は前半負傷交代

C大阪が横浜Mに3発快勝 都倉は前半負傷交代

C大阪が横浜Mに3発快勝 都倉は前半負傷交代【拡大】

 明治安田生命J1リーグは11日に第11節が開催され、ヤンマースタジアム長居ではセレッソ大阪vs横浜F・マリノスの一戦が行われた。

 前節の松本山雅FC戦を2-0で制してリーグ5試合ぶりの白星を手にした11位C大阪が、前節サンフレッチェ広島に1-0で勝利して連勝中の6位横浜FMをホームに迎えた一戦。

 今シーズン初の連勝を目指すC大阪は、前節と全く同じメンバーをスタメン起用し、FWブルーノ・メンデスやFW都倉賢、MF清武弘嗣らを先発させた。一方の横浜FMは、前節からスタメンを1名のみ変更。DFティーラトンに代わりDF和田拓也が起用されたほか、FW仲川輝人やMF天野純らが先発に名を連ねた。

 試合開始早々の2分、C大阪がファーストシュートで結果を出す。ディフェンスラインからフィードが上がると、ボックス手前右で収めた水沼が右足を一閃。ボールの落ち際を捉えた強烈なドライブシュートがボックス内でワンバウンドし、ゴール左に突き刺さった。

 早々にビハインドを背負った横浜FMはボールを保持して反撃に出ようとするが、なかなか中盤より前に繋げることができない。反対に、C大阪は素早いカウンターから幾度かフィニッシュまで持ち込むシーンを作り出す。

 しかしその後、C大阪にアクシデントが発生。シュートを放とうとした都倉が膝を痛めて倒れ込み、1度は治療を受けてピッチに戻ったものの、41分に高木との交代を余儀なくされた。

【続きを読む】