2019.5.7 00:15

ジダン監督がベイル、ジョレンテ、セバジョスに来季戦力外を通告か スペイン紙報じる

ジダン監督がベイル、ジョレンテ、セバジョスに来季戦力外を通告か スペイン紙報じる

ジダン監督がベイル、ジョレンテ、セバジョスに来季戦力外を通告か スペイン紙報じる

ジダン監督がベイル、ジョレンテ、セバジョスに来季戦力外を通告か スペイン紙報じる【拡大】

 Rマドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、来季構想外の選手たちにその旨を伝えた模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。

 『マルカ』によれば、ジダン監督はまず3人の選手と個別面談を行い、来季の戦力に数えていないことを伝えた。その3人とはMFマルコス・ジョレンテ、MFダニ・セバジョス、そしてMFガレス・ベイルとのことだ。

 ベイルはチャンピオンズリーグ三連覇などを果たしたジダン監督第一次政権時にも、同指揮官との関係が良好ではないとされてきた。それでもベイル本人には、今季以降もRマドリードに残留する意思があったとされるが、やはりジダン監督に戦力とはみなされなかったようだ。

 なお『マルカ』は、ベイルの代理人に今回の戦力外通告の報道について意見を求めたようだが、代理人は肯定も否定もしなかったという。

 またジダン監督の第一次政権時に出場機会をほぼ得られなかったM・ジョレンテとセバジョスは、2人とも今夏に退団を強いられることを感知していた模様。そのほかDFマルセロもジダンと面談したようだが、『マルカ』はその内容は把握していないとしつつも同選手が来季もRマドリードでプレーするのでは、との見解を述べている。(Goal.com)