2019.5.7 21:19(1/2ページ)

谷口ドンピシャヘッドで一時逆転も…川崎、上海上港とドローで自力突破消滅/ACL

谷口ドンピシャヘッドで一時逆転も…川崎、上海上港とドローで自力突破消滅/ACL

引き分けで試合を終え、がっくり肩を落とす川崎・小林(中央)=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)

引き分けで試合を終え、がっくり肩を落とす川崎・小林(中央)=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は7日にグループステージ第5節が行われ、川崎フロンターレは中国の上海上港と対戦した。

 ここまで1勝1分け2敗で勝ち点4を積み上げている3位川崎Fが、勝ち点5の2位上海上港をホームに迎えた一戦。GS突破に向けて引き分け以上が絶対条件となっているなか、川崎FはスタメンにFW小林悠やFWレアンドロ・ダミアンらを起用。3-1で勝利した直近の明治安田生命J1リーグ第10節ベガルタ仙台戦からは、スタメンを3名変更した。対する上海上港は、FWフッキやMFオスカルら世界的な選手をスタートから送り出している。

 試合序盤、川崎F比較的押し込みつつ試合を進行するが、上海上港の助っ人が圧倒的なスピードを見せつける。7分、自陣左サイドでボールを持ったフッキが長く蹴り出してトップスピードに乗り、対応した登里を置き去りにする。あっという間にボックス内左で1対1を迎えると、最後はGKチョン・ソンリョンもかわして無人のゴールに流し込んだ。

 それでも13分、川崎Fが決定機を作り出す。L・ダミアンが齋藤との連携からボックス内に侵攻し、巧みな切り返しで上海上港DFを翻弄。右足を素早く振り抜き、同点弾を決め切った。

 1-1の状態で突入した後半、川崎Fはギアを上げる。56分にボックス手前中央の大島が右足を振り抜けば、61分にはボックス左に入り込んだ長谷川のシュートがGKイエン・ジュンリンを襲う。どちらも得点には繋がらなかったものの、立て続けに上海上港ゴールを脅かす。

 そして66分、上海上港陣内中央右でボールを持った守田がボックス内に高精度のクロスを供給。すると、駆け上がっていた谷口が打点の高いヘディングシュートを叩き付け、待望の逆転弾を手にした。

【続きを読む】

  • 後半、勝ち越しゴールを決める川崎・谷口(左)=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、同点ゴールを決め喜ぶ川崎・レアンドロダミアン=等々力
  • 前半、シュートを放つ川崎・レアンドロダミアン(右)=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、シュートを放つ川崎・斎藤(中央)=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)