2019.5.4 05:03(1/2ページ)

令和1号は横浜M・仲川!J1メモリアル弾「狙っていた」

令和1号は横浜M・仲川!J1メモリアル弾「狙っていた」

令和最初のゴールを記録した仲川は、Tシャツを手にサポーターにあいさつ

令和最初のゴールを記録した仲川は、Tシャツを手にサポーターにあいさつ【拡大】

 明治安田J1第10節第1日(3日、広島0-1横浜M、Eスタ)横浜MのFW仲川輝人(26)が広島戦で、令和で最初のゴールを記録した。前半34分に味方のスルーパスを受け、GKをかわして先制点を決めた。試合は1-0で勝利した。広島は3連敗。川崎が仙台を3-1で下し、4連勝で勝ち点を19に伸ばした。鹿島は3-0で清水に快勝し、磐田は浦和に1-0で競り勝った。G大阪-FC東京など残り5試合は4日に行われる。

 横浜Mのスピードスター、FW仲川が令和の扉を開いた。記念すべき瞬間は前半34分。電光石火の一撃だった。

 「ファーストタッチでうまく前を向けたし、キーパーも冷静に見えていた。狙い通りでした」

 FWマルコスジュニオールからの縦パスに走り込み、GKを左にかわして角度のない位置から左足を強振。DFに当たったボールがネットを揺らす。ゴール後は両腕を斜めに下げて左足をくの字に曲げ、「令」を全身で表現した。

 「やるポーズは前日から決めていた。マルコスがまねしてきて、少しグダグダでしたけど」

【続きを読む】

  • 前半、先制ゴールを決め、「令」ポーズをとる横浜M・仲川(左端)ら=Eスタ
  • 後半、ゴール前に攻め込む横浜M・仲川(左)=Eスタ
  • 前半、先制ゴールを決め、喜ぶ横浜M・仲川(手前右)=Eスタ