2019.5.1 11:30

【J試合情報】大分トリニータvsサガン鳥栖 第10節

【J試合情報】

大分トリニータvsサガン鳥栖 第10節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・大分対鳥栖の通算2試合では、大分が2敗と未だに勝てていない。大分にとって鳥栖は、仙台(1分3敗)、松本(1敗)、湘南(2敗)と並び、これまで全敗している相手。

 ・大分はホームでの直近の試合で勝利を挙げた(仙台戦:2019年4月14日)。今節でも勝利を挙げると、本拠地では2009年10月~11月以来となる連勝を記録する。

 ・大分は九州地方同士のクラブとの対戦では現在3試合連続未勝利(1分2敗)。対する鳥栖は、同対戦では通算6試合無敗(5勝1分)。

 ・鳥栖はアウェイ戦では現在7試合連続無得点に終わっている。敵地での連続無得点試合数としては、クラブ史上ワーストの記録。

 ・鳥栖は昇格クラブとのアウェイ戦では現在9試合連続未勝利(5分4敗)。同対戦で最後に勝利を挙げたのは2016年7月の福岡戦(3-2)。

 ・大分は今季、試合時間46-60分間の得点数がリーグベストタイ(4点:神戸と並び)。対する鳥栖は、同時間帯の失点数が今季リーグワーストタイ(4点:清水と並び)。

 ・鳥栖は今季、敵陣PA内タッチ数がリーグで2番目に少ない(136回)。対する大分は、今季相手に許した敵陣PA内タッチ数がリーグワーストタイ(232回:仙台と並び)。

 ・鈴木義宜はクリア数(60回)とヘディングでのクリア数(35回)がいずれも今季リーグ最多。また、同選手は1試合におけるクリア数でも今季リーグ最多を記録している(12回:2月23日、鹿島戦)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta