2019.5.1 11:30

【J試合情報】川崎フロンターレvsベガルタ仙台 第10節

【J試合情報】

川崎フロンターレvsベガルタ仙台 第10節

特集:
Jリーグ試合情報
GO!ベガルタ仙台

 ・川崎対仙台の通算18試合では、川崎が9勝6分3敗と勝ち越している。昨季の前回対戦では、川崎が1-0で勝利を挙げた。

 ・川崎は仙台戦で現在10試合連続無敗(6勝4分)。現在進行中の連続無敗記録としては、名古屋と並んでチームベストを記録する相手。今カードで敗れたのは、2013年8月の対戦が最後(1-2)。

 ・川崎はホーム戦直近15試合でわずか1敗(10勝4分)。この間、複数失点を喫したのはわずか1試合のみ(神戸戦:5-3、2018年10月20日)。

 ・川崎は対戦時に16位以下のクラブとの対戦直近18試合でわずか1敗(13勝4分)。また、ホームでの同対戦では現在5試合連続無失点で連勝中。

 ・仙台はアウェイ戦で現在、2013年10月~2014年4月以来となる5連敗中(当時は6連敗)。また、敵地での直近10試合でも9敗している(1勝)。

 ・仙台は前年度覇者との対戦で現在9試合連続未勝利(2分7敗)。同対戦直近13試合でもわずか1勝(3分9敗)。この間、わずか4得点しか挙げていない(1試合平均0.31得点)。

 ・仙台は今季、相手に許した敵陣PA内タッチ数がリーグワーストタイ(232回:大分と並び)。対する川崎は、敵陣PA内タッチ数が今季リーグで2番目に多い(267回)。

 ・永戸勝也は前節のG大阪戦でJ1初得点を記録。また同選手は現在、出場した試合では自身最多の3試合連続で得点に直接関与している(1ゴール、2アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta