2019.4.28 17:28

名古屋が2位に浮上! 広島との上位対決を制す

名古屋が2位に浮上! 広島との上位対決を制す

名古屋が2位に浮上! 広島との上位対決を制す

名古屋が2位に浮上! 広島との上位対決を制す【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第9節の名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が28日に豊田スタジアムで開催された。

 ここまで5勝2分け1敗で2位につける広島と、同5勝1分け2敗で3位に位置する名古屋による上位対決。名古屋は、1-0で勝利した前節のジュビロ磐田戦から武田洋平、ガブリエル・シャビエルに代えて、脳震盪での離脱から復帰のランゲラック、前田直輝を起用した。一方の広島は、0-1で敗れた前節のFC東京戦と同様のメンバーを先発に並べた。

 試合序盤、ボールを保持して能動的に仕掛けていく名古屋に対し、広島が自陣で守備布陣をセットしてからカウンターを狙う構図となる。両者共にシュートまで持ち込むことができない拮抗した展開の中、ファーストチャンスは名古屋。25分、ボックス左奥に侵入した和泉竜司のマイナスボールに対して、ペナルティアーク付近の米本拓司がダイレクトシュートを放つ。しかし、この強烈なシュートはわずかにバーの上へはずれた。

 ハーフタイムにかけても好勝負が繰り広げられる。広島は33分にゴールへ迫る。バイタルエリアでボールを受けた渡大生が仕掛けてペナルティアーク付近で右足を振る。だが、マークに遭いながら厳しい体勢で放ったシュートは枠を捉えることができない。

 すると、試合の均衡を崩したのは名古屋だった。長谷川アーリアジャスールのパスでボックス右に抜け出したジョーがクロス。正面で和泉がDFを引き連れて潰れると、ファーサイドに走りこんだ前田直輝が押し込む。前田の今季初ゴールで名古屋がリードを手にして試合を折り返す。

 迎えた後半、攻撃への比重を強めた広島は54分に決定機を迎える。ボックス右奥でサロモンソンが入れたグラウンダークロスにファーサイドの柏好文が合わせる。しかし、このダイレクトシュートは左ポストの外側にはじかれ、同点弾とはならない。

 その後、広島の城福浩監督は66分に松本泰志に代えて皆川佑介、73分に野津田岳人を下げて森島司を送り出す。74分にはボックス右奥から渡が入れたクロスに正面の柏がヘッド。これが枠を捉えるが、ランゲラックのスーパーセーブに遭ってゴールとはならない。

 その後、リスクを冒して前に出た広島だが、88分には川辺駿のクロスから皆川が放ったヘディングシュートが右ポストに直撃。試合はそのまま終了し、上位対決を制した名古屋が2連勝で2位に浮上している。(Goal.com)

 ■試合結果

 名古屋グランパス 1-0 サンフレッチェ広島

 ■得点者

 名古屋:前田直輝(37分)

 広島:なし