2019.4.28 15:17

平成最後の“オリジナル10”対決は横浜Mに軍配!仲川&マルコスJ弾で鹿島撃破

平成最後の“オリジナル10”対決は横浜Mに軍配!仲川&マルコスJ弾で鹿島撃破

平成最後の“オリジナル10”対決は横浜Mに軍配!仲川&マルコスJ弾で鹿島撃破

平成最後の“オリジナル10”対決は横浜Mに軍配!仲川&マルコスJ弾で鹿島撃破【拡大】

 明治安田生命J1リーグは28日に第9節が行われ、日産スタジアムでは横浜F・マリノスと鹿島アントラーズが対戦した。

 横浜FMは前節、北海道コンサドーレ札幌に3失点完敗。今季2敗目を喫した。Jリーグ創設から数々の名勝負を繰り広げてきた鹿島とのオリジナル10対決では、その札幌戦からスタメンを3人変更。松原健に代わって和田拓也、遠藤渓太が2試合ぶりの先発入りを果たした。

 鹿島は現在リーグ戦で4勝2分2敗の5位に位置。連覇を目指すAFCチャンピオンズリーグ(ACL)と並行した戦いに臨んでいる。前節のベガルタ仙台戦で初スタメンに入った白崎凌兵が今節もメンバー入り。安部裕葵、土居聖真、伊藤翔とのコンビネーションが期待される。

 試合は序盤、アウェイの鹿島が先手を取る。11分、白崎凌兵が絶妙なスルーパスを送ると、抜け出した安西幸輝がワンタッチでPA左に進入。そのまま右足シュートを放つと、これがGK朴一圭の股の間を抜いてゴールに突き刺さる。鹿島が幸先よく先制点を奪った。

 その後は1点を追う横浜FMの時間が続く。仲川輝人とマルコス・ジュニオールの連携からゴールへ前進するが、決定的なシーンは作れず。42分にFKから天野純が得意の左足で狙ったが、シュートは落ちきらず、枠を外れてしまう。結局、前半は鹿島リードで終了した。

 1点が欲しい横浜FMは、後半に入っても攻撃的な姿勢を崩さない。47分、左CKを得るとキッカーは、M・ジュニオール。蹴り込んだボールは一旦クリアされたが、こぼれ球に広瀬陸斗がシュート。しかし、これは一旦GKクォン・スンテがセーブする。そのこぼれ球に仲川が詰めたが、再びクォン・スンテが立ちはだかり、横浜FMは絶好機をモノにすることはできなかった。

 61分には天野の左CKからチアゴ・マルチンスがヘディングシュートで鹿島ゴールを襲ったが、枠を捉えきれず。

 それでも69分、ついに横浜FMが鹿島の強固なブロックを粉砕する。三好康児から仲川にパスを送ると、仲川は細かいリズムから左足を一閃。これがゴール左隅に吸い込まれ、同点に追いついた。

 これで勢いに乗った横浜FMは82分、広瀬がディフェンスラインの裏に浮き球のスルーパスを供給。受けたM・ジュニオールがPA右から右足を振り抜くと、ニアに突き刺さり横浜FMが逆転に成功した。

 試合はそのまま終了。横浜FMが後半の2発で鹿島を2-1と撃破。通算59回目で平成最後の“オリジナル10”対決はトリコロールに軍配が上がった。(Goal.com)

 ■試合結果

 横浜F・マリノス 2-1 鹿島アントラーズ

 ■得点者

 横浜FM:仲川輝人(69分)マルコス・ジュニオール(82分)

 鹿島:安西幸輝(11分)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ