2019.4.25 11:30

【J試合情報】ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ 第9節

【J試合情報】

ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ 第9節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・神戸対川崎の通算26試合では、神戸が7勝6分13敗と負け越している。神戸にとって川崎は、現在J1に在籍しているチームの中で、G大阪に次いで2番目に1試合平均失点の多い相手(G大阪戦:2.15点、川崎戦:2.08点)。

 ・神戸は川崎戦で現在4試合連続未勝利であり(1分3敗)、今カードの直近11試合でもわずか2勝しか挙げていない(4分5敗)。

 ・神戸は現在、2018年8月~9月以来の3連敗中(当時5連敗)。しかし、ホームでの直近6試合ではわずか1敗(2勝3分)。

 ・神戸は前年度覇者との対戦で3連敗中であり、同対戦の直近28試合でもわずか3勝(8分17敗)。また、ホームでの同クラブとの対戦では現在5シーズン連続未勝利(2分3敗)。

 ・川崎は直近10試合でわずか1敗(5勝4分)。この1敗は、今季第4節のG大阪戦で喫したもの(0-1:2019年3月17日)。

 ・川崎は関西地方でのアウェイ戦で現在2連敗中であり、同地での直近7試合でもわずか1勝(2分4敗)。

 ・川崎は今季8試合を終えて3勝4分1敗。同期間での成績としては、初優勝を飾った2017年シーズンと同じ。

 ・大島僚太は昨季の神戸との前回対戦で、optaが2015年にJ1データ収集を開始して以降、自身初の1試合3得点に直接関与した(1ゴール+2アシスト)。同期間で1試合2アシスト以上を記録したのも初。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta