2019.4.25 09:47

大迫、反撃弾も及ばず…指揮官「勇敢に攻撃的なサッカー」

大迫、反撃弾も及ばず…指揮官「勇敢に攻撃的なサッカー」

特集:
大迫勇也
Bミュンヘン戦の後半、ゴールを決め喜ぶブレーメン・大迫=ブレーメン(共同)

Bミュンヘン戦の後半、ゴールを決め喜ぶブレーメン・大迫=ブレーメン(共同)【拡大】

 サッカーのドイツ・カップは24日、ドイツのブレーメンで準決勝の1試合が行われ、ブレーメンの大迫勇也はバイエルン・ミュンヘン戦にフル出場し、0-2の後半29分に1ゴールを挙げた。チームは2-2に追い付いたが、PKで勝ち越し点を奪われて2-3で惜敗した。

 ブレーメンの大迫は0-2の後半29分に右折り返しをワンタッチで蹴り込み、反撃ののろしを上げた。チームはそのわずか1分後に同点ゴールを奪い、リーグ戦で首位を走る強豪に食い下がった。

 しかし、PKを与えて勝ち越し点を許し、万事休す。決勝の大舞台への切符は手にできなかったが、コーフェルト監督は「ドイツ最強のチームに対し、勇敢に攻撃的なサッカーをしてくれた」と選手をねぎらった。(共同)