2019.4.21 08:05

インテルとローマ、CL出場権を争う上位対決はドロー

インテルとローマ、CL出場権を争う上位対決はドロー

インテルとローマ、CL出場権を争う上位対決は互いに譲らずドロー

インテルとローマ、CL出場権を争う上位対決は互いに譲らずドロー【拡大】

 現地時間20日、イタリア・セリエAは第33節が行われ、3位インテルミラノがホームに5位ローマを迎えた。

 勝ち点6差で迎えた上位対決。先にチャンスを迎えたのはホームのインテルミラノ。8分、マッテオ・ポリターノのクロスをラウタロ・マルティネスが頭で合わせる。しかし、完璧に捉えたヘディングはGKアントニオ・ACミランテがはじき、ポストを叩いて外れた。

 勝ってCL出場権に望みをつなぎたいローマは、カウンターから好機を作る。迎えた14分、カウンターから左サイドでボールを受けたステファン・エル・シャーラウィがカットインして右足を振り抜くと、コントロールされたシュートがゴール右に突き刺さり、ローマが先制に成功する。

 その後も攻勢に試合を進めるローマに対し、インテルミラノはなかなか攻めに転じることができず、28分には右クロスをブロックしたボルハ・バレーロの手に当たり、ハンドを疑われたが、主審の判断はCKとなった。

 徐々にボールポゼッションを高めてローマに圧力をかけていくインテルミラノは43分、クワドウォ・アサモアが強引な突破からシュート。DFに当たってコースが変わり、ゴール左へとわずかに外れる。

 後半、1点リードのローマはジェンギズ・ウンデルに代えてニコロ・ザニオーロを投入。一方のインテルミラノも54分、ラジャ・ナインゴランに代わって投入されたマウロ・イカルディが大きな拍手で迎えられた。

 すると61分、ダニーロ・ダンブロージオの右クロスを、ファーサイドでフリーとなっていたイヴァン・ペリシッチが頭で合わせて同点に追いつく。

 まさに一進一退の攻防が続く中、69分に右サイドからのスローインを受けたマティアス・ベシーノの折り返しをラウタロ・マルティネスが捉えるが、ボレーはゴール上へと打ち上げてしまう。

 イカルディ投入で流れを引き寄せたインテルミラノは79分、ラウタロ・マルティネスに代わってジョアン・マリオを投入。ローマも81分にロレンツォ・ペッレグリーニに代えてユスティン・クライファートを投入し、勝ち点3を狙いに行く。

 インテルミラノは84分、ポリターノを下げてケイタ・バルデを投入し交代枠を使い切る。終了間際には、クライファートがトップスピードでエリア内に侵入しシュートも、GKサミル・ハンダノヴィッチが防いで失点を許さず。残り時間少ない中で互いに勝利を狙って攻め合ったが、決め手を欠き1-1のままドロー。勝ち点1を分け合う結果となった。(Goal.com)

試合結果へ