2019.4.21 05:02

神戸主将辞任のポドル激白「自分に対する信頼を含めはっきりしたものが見えなかった」

神戸主将辞任のポドル激白「自分に対する信頼を含めはっきりしたものが見えなかった」

監督辞任に揺れる神戸は3連敗。試合後、ポドルスキ(中央)は肩を落とした (撮影・中井誠)

監督辞任に揺れる神戸は3連敗。試合後、ポドルスキ(中央)は肩を落とした (撮影・中井誠)【拡大】

 明治安田J1第8節最終日(20日、浦和1-0神戸、埼玉)監督交代の効果もなく神戸は3連敗。リージョ監督が退任した17日、自身も主将を辞任した元ドイツ代表MFポドルスキが試合後、その真相を語った。

 「監督交代のタイミングで(吉田新監督に)話をして自分に対する信頼を含め、はっきりしたものが見えなかった」

 代わりにMF山口が主将マークを巻いたが、MFイニエスタがコンディション不良で今季初めてリーグ戦を欠場し、エースのFWビジャもけがで不在。悪い流れを断ち切れなかった。

 ポドルスキは18日に自身のツイッターに英語で「他人に誠実に接することのできない人間が、他人からの忠誠を期待するな」と意味深長なコメントを掲載したが、その真意については「文字通りに読んで、それぞれ感じるものがあるんじゃないか」と述べるにとどめ、「公言している目標があるので0に戻して、もう一回そこから進んでいく」と最後は前を向いた。

再登板初戦を白星で飾れなかった神戸・吉田監督「自分たちがボールを持ちながら進められた。ただ負けたので修正をしていかないといけない。(欠場したMFイニエスタは)全然大きな問題じゃないです。その程度のけがです」

試合結果へ勝敗表へ

  • 前半、指示を出す神戸の吉田監督=埼玉スタジアム
  • 浦和に敗れ肩を落とす西(手前中央)ら神戸イレブン=埼玉スタジアム