2019.4.17 17:19

22年カタールW杯アジア1次予選の組み合わせ決定

22年カタールW杯アジア1次予選の組み合わせ決定

特集:
アジアカップ2019
22年カタールW杯アジア1次予選の組み合わせ決定

22年カタールW杯アジア1次予選の組み合わせ決定【拡大】

 FIFA(国際サッカー連盟)は17日、マレーシアのクアラルンプールで2022年のカタール・ワールドカップ1次予選の抽選会を行い、対戦カードが決定したことを発表した。なお、同予選は2023年のAFCアジアカップ予選も兼ねている。

 史上2度目のアジア開催となる2022年のカタールW杯。アジア1次予選は、FIFAランキングで下位の12カ国で行われ、ファーストレグが6月6日に、セカンドレグが11日に開催される。1次予選勝ち抜き6カ国に、上位34カ国を合わせて2次予選を行う。

 9月に開幕する2次予選は、1位から34位にランク付けされた40チームを、5チームずつ8グループに分ける。ロシアW杯に出場した日本、韓国、イラン、オーストラリア、サウジアラビアらは2次予選からの参戦となる。

 1次予選の組み合わせは以下の通り。カッコ内は4月4日発表のFIFAランキング(Goal.com)

 モンゴル(187位)vs ブルネイ・ダルサラーム(194位)
 マカオ(183位) vs スリランカ(202位)
 ラオス(184位) vs バングラデシュ(188位)
 マレーシア(168位) vs 東ティモール(195位)
 カンボジア(173位) vs パキスタン(200位)
 ブータン(186位) vs グアム(193位)