2019.4.17 12:51

9年ぶりにC・ロナウドのいないCL準決勝

9年ぶりにC・ロナウドのいないCL準決勝

9年ぶりにC・ロナウドのいないCL準決勝

9年ぶりにC・ロナウドのいないCL準決勝【拡大】

 ユベントスのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝敗退により、9年ぶりにクリスティアーノ・ロナウドの姿を準決勝で見ることができなくなったようだ。

 16日に行われたCL準々決勝セカンドレグで、本拠地アリアンツ・スタジアムにアヤックスを迎えたユーヴェ。ファーストレグを1-1で終え、アウェイゴールの差でリードしていたユーヴェは28分にC・ロナウドのゴールで先制に成功する。しかしそこから2失点。2試合合計2-3で、逆転での敗退となった。

 データ会社『Opta』によると、今回の敗退により、C・ロナウドが準決勝に進めなかったのはRマドリードに所属していた2009-10シーズン、ラウンド16でリヨン相手に敗退して以来(2試合合計1-2)9年ぶりのこととなった。

 なお、この試合の得点はCL通算126ゴール目、ノックアウトステージ通算65点目となっており、両方共CL史上最多記録を更新している。また、アヤックス戦においては直近6試合で9ゴール目となっている。

 一方、今季CL2次予選から参加しているアヤックスだが、予選を戦ったチームが準決勝に進むのは史上初のことに。すでに16試合を戦い、9勝6分1敗と素晴らしい成績を収めている。

 Rマドリードで三連覇を達成し、個人として四連覇を目指したC・ロナウド。しかし、奇しくも古巣と同じく、平均年齢24歳のヤング集団に阻まれることとなった。アヤックスは準決勝でマンチェスターCかトットナムと対戦する。(Goal.com)