2019.4.17 18:13

“時々”世界最高のリバプール撃破へ…ポルト指揮官「これ以上のモチベーションはない」

“時々”世界最高のリバプール撃破へ…ポルト指揮官「これ以上のモチベーションはない」

“時々”世界最高のリバプール撃破へ…ポルト指揮官「これ以上のモチベーションはない」

“時々”世界最高のリバプール撃破へ…ポルト指揮官「これ以上のモチベーションはない」【拡大】

 ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は、リバプール相手に逆転を目指したいと意気込みを語った。

 9日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグで、リバプールに敵地で0-2で敗れたポルト。準決勝進出のためにも逆転が必要なホームでのセカンドレグを前に、コンセイソン監督は難しい戦いになると予想するものの、逆転するチャンスがあると強調した。

 「準々決勝を突破することや歴史的な逆転劇を演じること以上のモチベーションはない。リバプールのプレーを私は気に入っているし、彼らは時々世界最高のチームとなる。強靭な相手に2点のビハインドがあり、巻き返すためには攻撃のバランスと組織的な守備がとても重要だ」

 「リバプールを分析することは決して難しいことではない。しかし、彼らには個の力と組織の力があるから、対抗することは並大抵のことではない。彼らは最高のチームだ」

 また、同じく会見に出席したエクトル・エレーラは「別にリベンジなどを求めていない。(0-5で敗れた)昨シーズンの結果は過去のものだ」と主張し、この一戦に向けての自信をのぞかせた。

 「歴史を作る最高のチャンスで、この機会を無駄にはしたくない。僕たちはファーストレグでリバプール相手に戦えることを証明した。もちろん彼らには大きなアドバンテージがあるけれど、僕は僕たちの力を信じている。良い結果を手にして、チャンピオンズリーグの夢を続けたい」(Goal.com)