2019.4.16 12:08

レアル・ナバス、混迷のシーズンに嘆き「この状況は悲しい」

レアル・ナバス、混迷のシーズンに嘆き「この状況は悲しい」

レアル・ナバス、混迷のシーズンに嘆き「この状況は悲しい」

レアル・ナバス、混迷のシーズンに嘆き「この状況は悲しい」【拡大】

 RマドリードGKケイラー・ナバスが、厳しいシーズンとなったことを認めている。

 15日に行われたリーガ第32節でレガネスと対戦したレアル。前半終了間際に失点したが、後半開始早々にカリム・ベンゼマが同点弾を挙げる。しかし最後まで勝ち越すことができず、1-1の引き分けに終わった。

 成績不振により2度の監督交代が行われた末、現在はジネディーヌ・ジダン監督が復帰して指揮を執るレアル。チャンピオンズリーグ三連覇をもたらした指揮官が戻ってきたが、直近のリーグ戦3試合で1勝1分1敗と、成績は向上せず。無冠が濃厚となった中で、モチベーションを保つことに苦労している。

 試合後、ゴールマウスを守ったナバスは苦しいシーズンを認めつつ、最後まで戦い続ける意思を表明している。

 「僕ら全員にとって非常に難しいシーズンになった。勝利を望んでいたが最終的に試合は複雑になり、説明するのは難しい。この状況は悲しいよ。難しいね」

 「このクラブは毎年プレッシャーがある。言い訳をするつもりはない。精神的にいかなる状況にも準備しないとダメなんだ。だからこそRマドリードの選手なんだ」

 「僕らは戦い続ける。このシャツに誇りと愛を持っている。これはどんなタイトルよりも価値があることなんだ。腕を下げることはできない。僕は落ち着いている。チャンスを得るためにいつだってハードワークしてベストを尽くす。僕は続けるという信念があるが、将来は誰にもわからない」(Goal.com)