2019.4.16 20:55

「私の時は“C・ロナウド”が何人もいた」ユーヴェでCL制したリッピ氏が回顧/欧州CL

「私の時は“C・ロナウド”が何人もいた」ユーヴェでCL制したリッピ氏が回顧/欧州CL

「私の時は“C・ロナウド”が何人もいた」ユーヴェでCL制したリッピ氏が回顧/欧州CL

「私の時は“C・ロナウド”が何人もいた」ユーヴェでCL制したリッピ氏が回顧/欧州CL【拡大】

 名将マルチェロ・リッピ氏が15日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、16日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ユベントス対アヤックス戦について見解を示した。

 CL準々決勝アヤックス戦のファーストレグを1-1で終えているユベントスは、16日にホームで行われるセカンドレグに挑む。過去にユベントスを指揮し、CLを制した経験を持つリッピ氏が試合を分析している。

 「オランダ勢は、積極的なプレーが際立つ。守備でほころびを見せても、常に攻撃する姿勢を見せている。ファーストレグで足りないものは何もなかった。アヤックスには現在スピードがあり、優れた若手選手がいることは知っていたよ。プレッシャーをかけてくるし、ボールを放り込むことはしない」

 「ユーヴェはやるべき試合をしたと言える。1-1は好都合な結果だったし、何も足りないものはなかった。明日も完璧な試合をして準々決勝を突破し、次の難敵に挑めることを願っている。ユーヴェは現在、CL優勝候補の一角であると言える」

■「C・ロナウド級の選手が何人もいた」

 続いてイタリア人指揮官は、自身がユーヴェを率いていた頃と現在を比較した。世界最高峰のクリスティアーノ・ロナウドを擁するユベントスだが、リッピ氏の時代には、トップクラスの選手が複数いたと語っている。

 「私の指揮下には、“C・ロナウド”が何人もいた。名前は違うが、(パオロ)モンテーロ、(アレッシオ)タッキナルディ、(アンジェロ)ディ・リーヴィオ、(モレノ)トリチェリ、(アンジェロ)ペルッツィ、(アントニオ)コンテらがいたよ。フオリクラッセ(規格外の選手)は重要だが、それよりも重要なのは堅い基盤だと考える。私の頃の基盤は本当に堅かった」

 さらにリッピ氏は、ユーヴェの現指揮官マッシミリアーノ・アッレグリとの共通点を列挙した。

 「私とアッレグリの共通点は複数ある。まずトスカーナ出身であること。それに両者とも45歳前後でビッグクラブを指揮し、マックスはACミランで、私はユーヴェでスクデットを獲得した。技術面でも共通性がある。マックスは試合中にシステムや選手の変更を非常に好むが、私も同じだ」(Goal.com)

試合日程へ勝敗表へ