2019.4.16 17:34(1/3ページ)

チェルシー退団時を回想するデ・ブライネ…モウリーニョからの評価は衝撃の「6番手」

チェルシー退団時を回想するデ・ブライネ…モウリーニョからの評価は衝撃の「6番手」

チェルシー退団時を回想するデ・ブライネ…モウリーニョからの評価は衝撃の「6番手」

チェルシー退団時を回想するデ・ブライネ…モウリーニョからの評価は衝撃の「6番手」【拡大】

 マンチェスターCでスターに上り詰めたMFケヴィン・デ・ブライネが、チェルシー退団時を回想している。

 今やプレミアリーグを代表するクリエイティブミッドフィルダーとなっているデ・ブライネ。現在所属するマンチェスター・Cに加入する以前、母国ヘンクから飛び出しての初の海外挑戦の場にはチェルシーを選択すると、シーズンの多くをレンタル先で過ごすこととなったが、2013-14シーズンにはブルーズの一員として開幕を迎えた。そのシーズンのことを思い出すデ・ブライネは、以下のように語り始める。

 「プレシーズンに(チェルシーに)到着した時、雰囲気は良かった。そのシーズン、僕は最初の4試合のうち2試合で先発したし、プレーも大丈夫だと思った。華々しくはないけど、かなり良いってね」

 しかし、デ・ブライネが良い感触を得ていたのも束の間。プレミアリーグでの先発は第2節を最後に一切なくなり、第6節からはベンチからも外れる日々が続いた。

 「だけど、その4試合の後はああなった。僕はベンチに置かれて、二度とチャンスは与えられなかった」

 「説明不能だったよ。どういうことなのか、納得できなかった」

 結局、ベルギー代表MFは、2013-14シーズンの冬の移籍市場でウォルフスブルクに完全移籍することに。その決断を下す前には、当時チームを率いていたジョゼ・モウリーニョ元監督との間に、明確なきっかけとなったやり取りが交わされていたようだ。

【続きを読む】