2019.4.16 18:00

U-20代表候補、大学選抜と引き分け

U-20代表候補、大学選抜と引き分け

前半、PKで先制点を決め、チームメイトとタッチするU-20日本代表候補・安部(左から3人目)=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)

前半、PKで先制点を決め、チームメイトとタッチするU-20日本代表候補・安部(左から3人目)=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)【拡大】

 ポーランドで5月に開幕するサッカーのU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)を控えたU-20日本代表候補が16日、千葉市内での合宿最終日で全日本大学選抜と練習試合を行い、1-1で引き分けた。影山監督は選手のコンディションを課題に挙げ「(W杯前の)次に集まった時にはフィットした状態でスタートできれば」と話した。

 前半は安部(鹿島)のPKで先制したが、その後、中央を崩されて失点。運動量が落ちた後半は攻撃の精度を欠き、何度も相手の速攻を受けた。安部は「勝ち切りたかった。もっとアイデアを共有できれば、いい攻撃になる」と語った。

 W杯メンバーは5月上旬に発表予定。影山監督は今回の合宿で17歳の久保建(FC東京)ら数選手を招集できなかったといい「監督としてはフルメンバーで臨みたい。この選手と戦いたいという選手を選ぶ」と話した。

試合日程へ招集メンバーへ

  • 前半攻め上がるU-20日本代表候補・安部=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)
  • 前半視察に訪れ、戦況を見守る森保監督(前から2列目の右から2人目)=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)
  • 後半、パスを出すU20日本代表・関川=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)
  • 後半、攻め上がるU-20日本代表候補・宮代=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)
  • 試合後、記者の質問に答えるU-20日本代表候補・安部=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)
  • 試合後、記者の質問に答える日本代表・森保監督=稲毛海浜公園スポーツ施設(撮影・中井誠)