2019.4.13 21:31

横浜M、名古屋とドロー 今季ホームで4戦無敗

横浜M、名古屋とドロー 今季ホームで4戦無敗

前半、同点ゴールを決め、パフォーマンスする横浜M(左から)マルコスジュニオール、三好、仲川、遠藤=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)

前半、同点ゴールを決め、パフォーマンスする横浜M(左から)マルコスジュニオール、三好、仲川、遠藤=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 明治安田生命J1第7節、横浜M-名古屋(13日、日産ス)は1-1で引き分け。横浜Mは今季ホームで4戦無敗とした。

 先制したのは名古屋。ペナルティーエリア右でDF宮原が倒されPKを獲得。それを前半8分にFWジョーが冷静にGKの逆をついてゴール左へ決めた。

 追いつきたい横浜Mは同20分、相手のシュートをGK朴が弾くとそれを味方が回収。MF三好につなぐと前線で走るFW仲川にスルーパス。仲川が右からFWマルコスジュニオールに出すとゴール左へ同点弾をねじ込み前半を1-1で折り返した。

 ホームで勝ち点3を手にしたい横浜Mは追加点を奪おうと前線の3人が相手の裏へ抜け出し好機を何度も演出する。対する名古屋も同31分に相手と接触したGKランゲラックが負傷退場する不運に見舞われながらも、カウンターで応戦。ハイレベルなカウンターの打ち合いとなる。

 しかし、後半はともに守備陣が粘り、ゴールを割ることができずにタイムアップ。勝ち点を分け合い、横浜Mは12、名古屋は13に伸ばした。

試合結果へ

  • 前半、同点ゴールを決める横浜M・マルコスジュニオール=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 同点で試合を終え、悔しそうに引き揚げる横浜M・三好(中央)=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)