2019.4.11 11:30

【J試合情報】横浜F・マリノスvs名古屋グランパス 第7節

【J試合情報】

横浜F・マリノスvs名古屋グランパス 第7節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・横浜FM対名古屋の通算56試合では、21勝14分21敗と互角。昨季の前回対戦では、名古屋が2-1で勝利を挙げた(2018年8月)。

 ・横浜FMは名古屋戦で現在4試合連続未勝利(2分2敗)。また、ホームでの今カード直近8試合でもわずか1勝(2分5敗)。この間、本拠地で敗れた5試合ではいずれも2失点を喫している。

 ・横浜FMは今季ホーム戦3試合で無敗(1勝2分)。本拠地での3試合連続無敗は、2017年5月~10月以来のこと(当時11試合)。

 ・名古屋はアウェイ戦で現在2連敗中。敵地ではそれ以前に3連勝を記録していた。今節敗れると、2018年3月~7月以来の同地3連敗となる(当時7連敗)。

 ・横浜FMは風間八宏監督との対戦で現在4試合連続未勝利(1分3敗)。同氏との対戦では、それ以前の4試合で3勝を挙げていた(1敗)。

 ・名古屋は今季、試合時間後半の得点がリーグ最多(9点)。対する横浜FMは今季、試合時間前半の得点がリーグ最多(7点)。

 ・マルコス・ジュニオールは、横浜FMが挙げた直近5得点のうち4点に直接関与している(3ゴール、1アシスト)。前節の浦和戦では、2012年のプロデビュー以降初めて、リーグ戦で1試合3点に直接関与した(2ゴール、1アシスト)。

 ・米本拓司はデュエル勝利数が今季リーグトップ(51/89回)。80回以上のデュエルを記録した選手の中では、リーグベストのデュエル勝率を記録している(57.3%)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta