2019.4.8 18:26

田嶋会長、FIFA理事再選は「W杯予選みたいなもの」「感謝と責任の重さ痛感」

田嶋会長、FIFA理事再選は「W杯予選みたいなもの」「感謝と責任の重さ痛感」

 6日にクアラルンプールで行われた国際サッカー連盟(FIFA)理事選で再選を果たした日本サッカー協会の田嶋幸三会長が8日、東京都内で取材に応じ「僕の立場で言えばワールドカップ(W杯)予選みたいなもの。信頼に感謝するとともに責任の重さも痛感している」と語った。

 選挙ではトップタイの38票を得た。1998年から続く日本協会のアジア貢献事業や指導者派遣といった地道な取り組みに加え、東京五輪・パラリンピックに向けた国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」などの政官界主導の活動も基礎票を固める助けになったという。

 アジアでのネーションズリーグ導入やクラブW杯改編などで果たすべき役割は多く「日本、アジアの代表として世界のサッカーをどうするかという視点は忘れないようにしたい」と意気込んだ。