2019.4.3 23:13

アーセナルの成長を実感する選手たち…ラカゼット「昨季と雰囲気変わった」

アーセナルの成長を実感する選手たち…ラカゼット「昨季と雰囲気変わった」

アーセナルの成長を実感する選手たち…ラカゼット「昨季と雰囲気変わった」

アーセナルの成長を実感する選手たち…ラカゼット「昨季と雰囲気変わった」【拡大】

 “新シーズン”を迎えたアーセナルだが、選手たちも確かな手応えを感じているようだ。

 先日行われたプレミアリーグ第32節でニューカッスルと対戦したアーセナル。シュート本数自体は7本にとどまったものの、その内枠内シュートは4本。ポゼッション率は71%を記録しつつ、決定機を確実に決めきり2-0で勝利を挙げた。

 アーセナルは本拠地エミレーツ・スタジアムで10連勝を達成。最大のライバルであるトットナムをかわし、3位に浮上した。この試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたMFメスト・エジルは、トップ4フィニッシュに自信を見せた。

 「僕らの目標はトップ4フィニッシュだ。そしてもちろん、トットナムより上にいるから気分は良いよ」

 「常に彼らとの競争が続いていくが、この試合のようなプレーができればシーズン終了までにすべてのポイントを獲得できると思うし、そうしたいね」

 アーセナルのプレミアリーグでの残り試合数は「7」。しかし、その内5試合がアウェイゲームとなっている。それでも、アレクサンドル・ラカゼットは「昨季と雰囲気が変わったことを実感できるよ。僕らはチャンピオンズリーグに行けると思う」と自信を見せた。

 31試合を終えた時点で勝ち点63を獲得。すでに昨季の勝ち点数に並んだアーセナル。ウナイ・エメリ監督新体制で臨んだ新シーズンだが、選手たちも確かな歩みを実感しているようだ。(Goal.com)