2019.4.2 12:28

アーセナル今季初3位浮上もエメリ監督は油断なし

アーセナル今季初3位浮上もエメリ監督は油断なし

アーセナル今季初3位浮上もエメリ監督は油断なし

アーセナル今季初3位浮上もエメリ監督は油断なし【拡大】

 アーセナルのウナイ・エメリ監督は、3位に浮上してトップ4争いで優位に立つも、最後まで難しい戦いが続くと気を引き締めた。

 1日に行われたプレミアリーグ第32節でアーセナルはホームでニューカッスル・ユナイテッドと対戦。試合を優位に進めるアーセナルは30分にアーロン・ラムジーが先制に成功すると、83分にはアレクサンドル・ラカゼットが追加点を奪い、2-0で勝利した。

 これで勝ち点を63にまで伸ばしたアーセナルは、今節にリバプールに敗れたトットナムを交わし、今シーズン初の3位に浮上。残り7試合でビッグ6との対戦がなく、3シーズンぶりのトップ4入りに大きく近づく同チームだが、エメリ監督はイギリス『スカイスポーツ』で現状を楽観視できないと語った。

 「我々は順位表を駆け上がったが、まだまだ難しい戦いが続くと理解している。トットナム、マンチェスターU、それにチェルシーはシーズン終盤で多くの試合に勝利するから、我々もそのような結果を手にする必要がある」

 「とても難しいものになるはずで、日曜日(7日)のエバートン戦はとても困難なアウェイでの試合だ。我々には一貫性や団結、そしてチームとして困難な状況を巻き返す強いメンタリティを持って戦い続けることが必要だ。このように戦い続けることは我々にとって大きなチャレンジだ」

 また、この試合で先制点をマークした今シーズン終了後の退団が決定的なラムジーの活躍をエメリ監督は絶賛した。「アーロン・ラムジーは我々を助け、とても良いパフォーマンスを見せてくれた。彼も喜んでいると思う。我々には彼の力が必要で、彼もこの時期がどれだけ重要かをわかっているはずだ。我々には彼のように大きなインパクトを残せる選手が必要だ」(Goal.com)