2019.3.29 23:27

横浜M、代表帰りの畠中がフル出場「不完全燃焼だった」

横浜M、代表帰りの畠中がフル出場「不完全燃焼だった」

前半、攻め込む横浜M・畠中=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)

前半、攻め込む横浜M・畠中=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 明治安田J1第5節第1日(29日、横浜M0-0鳥栖、日産ス)横浜MのDF畠中が日本代表にデビューした26日のボリビア戦から中2日でフル出場した。無失点で切り抜けたものの、押し込む時間が長かっただけに引き分けには悔しそうだった。

 得意とする攻撃の組み立てで、もっと相手を揺さぶってゴールにつなげたかったが「代表で感じたことをマリノスで体現したかったが、不完全燃焼だった」と課題を口にした。視察に訪れた森保監督は「フル出場という部分で、覚悟を持って(この試合への)準備してくれた」と一定の評価を下した。

横浜M・ポステコグルー監督「たくさんチャンスがあった中で勝ちきれなかったのは本当に悔しい。ペナルティーエリア内で慌てた。もう少し落ち着いて判断し、ゴールに向かえばよかった」

試合結果へ