2019.3.27 11:51

欧州メディア「控えの中島が日本を救った」

欧州メディア「控えの中島が日本を救った」

特集:
中島翔哉
試合に勝利し、笑顔を見せる中島=ノエビアスタジアム神戸(撮影・蔵賢斗)

試合に勝利し、笑顔を見せる中島=ノエビアスタジアム神戸(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 キリンチャレンジ杯(26日、日本1-0ボリビア、ノエスタ)国際連盟(FIFA)ランキング27位の日本は同60位のボリビアを1-0で下した。後半31分、途中出場のMF中島翔哉(24)=アルドハイル=が決勝点を奪った。背番号10はMF香川真司(30)=ベシクタシュ=に譲ったが、エースの座は渡さず。平成最後の代表戦を白星で飾り、新時代到来を印象づけた。

 欧州ニュース局「ユーロニュース」(電子版)は同日、「控えのナカジマ、ボリビアからの日本の勝利を救う」との見出しを打って、「火曜日、神戸で行われた国際親善試合でジャパンの中島翔哉が途中出場し、1-0でボリビアに勝利した日本の唯一のゴールを決めた」と報じた。

 記事は「1月にカタールのアル・ドゥハイルと契約し、日本人選手で最も高額となる移籍金を手にした小柄のフォワードは、途中出場から15分後の後半31分に決勝ゴールを決めた」と伝えた。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 後半、ゴールを決める中島=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
  • 後半、シュートを放つ中島=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
  • 後半、中島のゴールに喜ぶ鎌田、南野、堂安=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
  • 後半、先制ゴールを決める中島=ノエスタ