2019.3.22 13:17

SB負傷者続出の横浜Mが緊急補強 広島から和田を期限付き移籍で獲得

SB負傷者続出の横浜Mが緊急補強 広島から和田を期限付き移籍で獲得

SB負傷者続出の横浜Mが緊急補強 広島から和田を期限付き移籍で獲得

SB負傷者続出の横浜Mが緊急補強 広島から和田を期限付き移籍で獲得【拡大】

 横浜F・マリノスは22日、サンフレッチェ広島よりDF和田拓也を期限付き移籍で獲得したと発表した。同選手の移籍期間は2020年1月31日までとなり、2019シーズンは広島と対戦するすべての公式戦に出場できない契約となっている。

 神奈川県出身の和田は現在28歳。東京ヴェルディユースから2009年にトップチームに昇格。その後ベガルタ仙台、大宮アルディージャを経て、18年より広島に加入。昨季の明治安田生命J1リーグでは33試合に出場し、2得点を記録。チームの2位躍進とAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。

 横浜FMは7日にDF松原健の負傷を発表。右腸腰筋肉離れで全治3週間の離脱を強いられている。さらに11日には開幕2試合に先発していたDF高野遼が全治8カ月の重傷を負うなど、サイドバックのポジションに負傷者が続出。クラブは和田の緊急補強に踏み切った。

 加入にあたり和田は「はじまめして。サンフレッチェ広島から移籍してきました和田拓也です。歴史と伝統あるクラブに加入することができ、とても楽しみにしています。自分の経験を活かしてチームに貢献できるよう頑張りますので、これから応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

 一方、広島を通じては以下のようにコメントしている。

 「この度、横浜F・マリノスに移籍することになりました。チームがリーグ戦とACLを戦う忙しい時期に移籍を認めてくださったことに感謝しています。1年間という短い間でしたが、最高のチームメートととても充実したシーズンを過ごすことができ、素晴らしい経験ができました。たくさんの応援ありがとうございました」(Goal.com)