2019.3.22 08:00

バイエルン、リュカ獲得はもはや決定事項?設定金の半額は支払い済みか

バイエルン、リュカ獲得はもはや決定事項?設定金の半額は支払い済みか

バイエルン、リュカ獲得はもはや決定事項?設定金の半額は支払い済みか

バイエルン、リュカ獲得はもはや決定事項?設定金の半額は支払い済みか【拡大】

 Bミュンヘンは、Aマドリードに所属するフランス代表DFリュカ・エルナンデスの獲得がすでに決定事項となっているという。フランス『フット・メルカート』が伝えている。

 ウリ・ヘーネス会長が先日、ミュンヘン市内のイベントで今後の大型補強をほのめかしていたバイエルン。「我々は現在、チームの若返りを進めているところだ。それはFCバイエルンでは過去に例の見ないほど大規模な投資計画となるだろう」と宣言していた。

 シュツットガルトからの獲得が決定しているフランス代表DFベンジャマン・パヴァ-ル、Rマドリードからの完全移籍での獲得が濃厚と見られるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに続いて、さらなる新選手のバイエルン入りが実現に近づいているとのこと。どうやら今年1月の移籍市場で接触が明らかになったエルナンデスのバイエルン入りも決まりかけているようだ。

 『フット・メルカート』によれば、バイエルンは数週間前にエルナンデスの獲得に向けて、その契約解除条項として設定されている違約金8000万ユーロ(約100億円)の半額にあたる4000万ユーロをアトレティコに支払っているという。4~5年の条件で個人合意に至ったとする同メディアは、残りの4000万ユーロは今夏に支払われる見通しだと伝えた。

 なおこの移籍が実現すれば、ブンデスリーガクラブが投じる移籍金の最高記録が更新される。これまでの最高額はウォルフスブルクが2015年夏にドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの獲得でシャルケに支払った4300万ユーロ(当時のレートで約58億円)、そしてバイエルンが2017年夏にフランス代表MFコランタン・トリッソの獲得でリヨンに支払った4000万ユーロ(当時約52億円)。それらを大きく超えることになる。(Goal.com)