2019.3.20 05:00

W杯後初の代表合流の神戸MF山口が決意「これが最後のチャンスかも」

W杯後初の代表合流の神戸MF山口が決意「これが最後のチャンスかも」

特集:
アジアカップ2019
練習に臨む山口=横浜市内(撮影・蔵賢斗)

練習に臨む山口=横浜市内(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー日本代表は19日、横浜市内の施設で練習を実施した。ロシアW杯後初の代表合流となった神戸MF山口蛍(28)が約8カ月ぶりの代表で「自分にとってはこれが最後のチャンスかもしれない。しっかり準備したい」と意気込んだ。

 C大阪から神戸に移籍を決断し、ボール保持を中心とした新しいプレースタイルに挑戦する中での選出。「驚きのほうが大きかった」と率直に話したが、「いい感じでやれていると思う。神戸でのことが評価されていると感じる」と手応えも口にした。

 「アジア杯のメンバーが何人かいない中で選ばれている状況も理解している」と冷静に現状を見つめる。神戸ではリージョ監督によるポジショニング指導もあり、ボール奪取に磨きをかけているが「チームと代表は同じじゃないので難しい部分はあるが、早くつかめるようにしたい」と適応へ意欲を見せた。

試合日程へ代表メンバーへ