2019.3.19 21:15

シメオネJr、アトレティコCL敗退後の父ディエゴの様子を明かす「穏やかだった」

シメオネJr、アトレティコCL敗退後の父ディエゴの様子を明かす「穏やかだった」

シメオネJr、アトレティコCL敗退後の父ディエゴの様子を明かす「穏やかだった」

シメオネJr、アトレティコCL敗退後の父ディエゴの様子を明かす「穏やかだった」【拡大】

 フィオレンティナに所属するFWジョバンニ・シメオネが、モンテカティーニで行われたプレーミ・マエストレッリの授賞式に出席した際、父ディエゴ・シメオネについて言及した。18日、『Goal』の取材により明らかになった。

 ジョバンニの父であるディエゴは、Aマドリードを率いてチャンピオンズリーグ(CL)に参戦。ラウンド16でFWクリスティアーノ・ロナウドを擁するユベントスと対戦すると、ホームで行われたファーストレグを2-0で制し、優位に立ったかに見えた。だが敵地でのセカンドレグでC・ロナウドにハットトリックを許して0-3で敗戦。2試合合計2-3と逆転されて惜しくも準々決勝進出を逃した。

 今シーズンのCL決勝は、アトレティコのホームであるワンダ・メトロポリターノで開催されるとあり、アトレティコ指揮官も特別な思いがあったはずだが、息子のジョバンニによれば、CL敗退後の闘将ディエゴはいたって冷静だったという。

 「僕のパパがどう受け止めていたか?非常に穏やかだったよ。ユベントスが突破したのは相応しい結果だったと思う。3ゴールを決めたし、強い。アトレティコは2ゴールだったからね」

 続いてジョバンニは、15日のカリャリ戦(2-1でカリャリが勝利)の出来事に言及。試合中、心臓発作で亡くなったカリャリのサポーターに対し、フィオレンティナのウルトラスの一部が非難のチャントを浴びせたことを問題視した。1年前に遠征先のホテルで急逝した元フィオレンティナ主将ダヴィデ・アストーリの死から学ぶべきだと主張した。

 「ダヴィデに起きてしまったあのことから、それぞれが学ぶべきだ。分かっていない人がいるならその人の問題だが、人生は1回きりなんだ」(Goal.com)