2019.3.18 23:49

バルベルデ監督「現役のメッシを拝める時代に生きている…何たる幸運だろうか」

バルベルデ監督「現役のメッシを拝める時代に生きている…何たる幸運だろうか」

バルベルデ監督「現役のメッシを拝める時代に生きている…何たる幸運だろうか」

バルベルデ監督「現役のメッシを拝める時代に生きている…何たる幸運だろうか」【拡大】

 17日のリーガ・エスパニョーラ第28節、バルセロナは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦に4-1で勝利した。エルネスト・バルベルデ監督は試合後、この試合でハットトリックを達成したFWリオネル・メッシに改めて賛辞を送っている。

 超精度の直接FK、FWルイス・スアレスのヒールパスから抜け目ない飛び出しを見せてのフィニッシュ、そして皆の意表を突くループシュートでもって、ハットトリックを達成したメッシ。ベティスのサポーターはそんな同選手にひれ伏すように喝采を送り、その名を何度も叫んだが、ベルベルデ監督はその場面に大きな感銘を受けたようだ。

 「彼の最高の試合からは分からない。しかし、似たようなことを思い出せないので、そうだと言えるのかもしれない。アスレティック戦で5~6人を抜き去りゴールを決めたこともあったが、今回は様々な形でネットを揺らしていった」

 「現役の彼を拝める時代に生きているなんて、何たる幸運だろうか。今日、観衆はそのことを認めたんだよ。それはとても意味のあることだ。観衆は彼のプレーに苦しめられながらも、彼という選手から楽しみを享受強いなければならないと認めた。たとえ、相手チームの選手であろうとね」

 また試合自体については、次のように振り返っている。

 「ベティスが私たちのペナルティーエリア近くからプレッシングを仕掛けてくることは分かっていた。昨年、自分たちのスタジアムでもそうしていたからね。だからこそ、激しく競えるチームでもってプレッシングに応じようと思った」

 「前半の彼らはもちろんフレッシュだったが、しかし試合を通してハイプレッシングを維持するためには、ずっと走っていなければならない。私たちの意図は明確で、彼らが背後に空けたスペースを突くことにあった」(Goal.com)

試合結果へ