2019.3.17 07:21(1/2ページ)

ジダン・レアルが新たな船出を白星で飾る!イスコ、ベイルがゴール

ジダン・レアルが新たな船出を白星で飾る!イスコ、ベイルがゴール

ジダン・レアルが新たな船出を白星で飾る!イスコ、ベイルがゴール

ジダン・レアルが新たな船出を白星で飾る!イスコ、ベイルがゴール【拡大】

 16日のリーガ・エスパニョーラ第28節、Rマドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦を2-0で制した。

 チャンピオンズリーグ(CL)&コパ・デル・レイで敗退し、リーガも数字がノーとは言わないまでも逆転優勝の可能性がほぼ潰えているRマドリード。この屈辱的なシーズンを最後に引き受ける指揮官は、昨季までの2シーズン半でCL三連覇含め合計9タイトルを獲得した男であり、過去と今との落差をつくった男であるジネディーヌ・ジダン監督だ。

 ジダン監督は新たな出発となるこのセルタ戦で、昨季まで自身が重用しながら、今季にベンチ要員や招集外を常としてきた選手たちをためらうことなく起用。今季正GKだったクルトワの代わりにケイロール・ナバス、レギロンの代わりにマルセロを使い、さらにはアセンシオ、イスコも先発としている。スタメンはGKケイロール・ナバス、DFオドリオソラ、セルヒオ・ラモス、ヴァラン、マルセロ、MFクロース、モドリッチ、アセンシオ、FWベイル、イスコ、ベンゼマで、システムはこれまで通り4-3-3。

 新生ジダン・マドリーは、これまで通りのジダン・マドリーだった。マルセロが積極的にオーバーラップを仕掛けて左サイドから相手を崩し、前線ではベンゼマが気の利いた動きを見せてスペースを生み出していく。ただチームは今季の不調を引きずるように、決定機を決め切ることができず、両サイドバックの背後も幾度も突かれた。

【続きを読む】