2019.3.17 21:29

湘南、DF2人が得点 山根「スーパーゴールだった」

湘南、DF2人が得点 山根「スーパーゴールだった」

 明治安田J1第4節(17日、湘南2-1仙台、BMWス)湘南はDF2人の得点で逃げ切った。前半終了間際に小野田が山崎に預けたボールの折り返しに飛び込んで先制。後半は梅崎のパスを受けた山根が豪快に決め「スペースがあったので走った。スーパーゴールだった」と自画自賛した。

 前線からのプレスで仙台を終盤まで封じた。18歳の鈴木冬や、FC今治から期限付き移籍中の小野田はJ1初先発ながら堂々とプレー。初得点も奪った小野田は「無我夢中だった。ボールを取った後の推進力はどこに比べても負けない」と声を弾ませた。

湘南・チョウ貴裁監督「(試合展開を)自分たちの土俵にもってこられた。そういうゲームはなかなかできていなかった」

湘南・鈴木冬(右MFで先発し)「リズムをつくることを意識した。攻撃では持ち味を出せた」

試合結果へ