2019.3.17 19:14

右SBで劇的決勝弾のG大阪・三浦、王者相手の勝利に「凄く誇りに思う」

右SBで劇的決勝弾のG大阪・三浦、王者相手の勝利に「凄く誇りに思う」

右SBで劇的決勝弾のG大阪・三浦、王者相手の勝利に「凄く誇りに思う」

右SBで劇的決勝弾のG大阪・三浦、王者相手の勝利に「凄く誇りに思う」【拡大】

 ガンバ大阪のDF三浦弦太が、決勝点を挙げた川崎フロンターレ戦後にフラッシュインタビューでコメントを残した。

 G大阪は17日、明治安田生命J1リーグ第4節で川崎Fとのアウェー戦に臨んだ。王者相手に押し込まれる時間帯も長かったが、チームが集中を切らさず終盤まで好勝負に持ち込むと、アディショナルタイムに藤春廣輝のクロスを三浦弦太が押し込んで劇的勝利を手にした。

 この日、右サイドバックとしてプレーした三浦は、「昨年の王者相手に苦しい試合展開になりましたが、その中でも我慢強く戦って勝ち点3を取れたことは凄く誇りに思います」と、敵地での勝利を喜び、自身のゴールについては「元々センターバックなので攻撃的(なタイプの選手)ではないですけど、こぼれてくるかなと(考えて)、良いポジショニングを取ろうとしました。良いボールが来たので、あとは決めるだけでした」とコメント。左サイドバックの藤春に感謝した。

 また、守備面については、「監督からは守備のところを求められていたと思うので、その中ではまだまだ自分としては物足りない部分がありました。ですが、チームとして無失点で終われたのは良かったです」とコメント。全体を振り返り、「危ないシーンもありましたが、ゴール前で皆が身体を張った。今季は失点が多かったので、こういう相手(王者)に対して無失点で終えることができたのは自信になると思います」と、クリーンシートを評価した。

 次節のJ1第5節では、ホームでヴィッセル神戸と対戦。三浦は「今後はここからまた勢いに乗りたいです。リーグ戦ではホームでまだ勝てていないので、良い準備をしていきたいです」と、リーグ戦でのホーム初勝利で連勝することを見据えた。(Goal.com)

試合結果へ