2019.3.17 18:54

FC東京・久保、首位浮上に満足感「これで周りのチームにプレッシャーをかけられる」

FC東京・久保、首位浮上に満足感「これで周りのチームにプレッシャーをかけられる」

FC東京・久保、首位浮上に満足感「これで周りのチームにプレッシャーをかけられる」

FC東京・久保、首位浮上に満足感「これで周りのチームにプレッシャーをかけられる」【拡大】

 FC東京MF久保建英が、名古屋グランパスとの首位攻防戦を振り返った。

 FC東京は17日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節で名古屋と対戦し、1-0で勝利。4年ぶりの首位に躍り出た。この試合で4試合連続先発出場を果たし、67分までプレーした久保は「これで周りのチームにプレッシャーをかけられる」と、勝利に満足感を示した。

 一方で63分に、永井謙佑のシュートのこぼれ球を決めきれなかったシーンについては「キーパーが出てきているのも見えていたんですけど、落ち着いて流し込めるかなと思ったら意外と角度がなかった」と振り返り、「悔しかったです」と唇を噛み締めた。

 自身の出来については「(ゴールを)決めきるところで決めていれば、もっと楽にゲームが進められた」と反省点を挙げつつ、「ボールを自分で奪って前に持っていくというシーンがあったんですけど、その時にもっと加速力というか、もっと斜めに相手の嫌なところに入っていければいいかなと思います」と改善部分も取り上げた。

 久保は14日に発表されたAFC U-23選手権タイ2020予選に臨むU-22日本代表メンバーに選出されたため、18日から代表に合流する。飛び級での選出となった久保だが「チームでできていることをそのまま代表で還元していくだけだと思います。いつも通りです」と平常心を持って、ミャンマーでの戦いに臨む姿勢を見せていた。(Goal.com)