2019.3.17 18:51

清水・ヨンソン監督、攻守に手応え「選手全員が役割果たした」

清水・ヨンソン監督、攻守に手応え「選手全員が役割果たした」

前半、清水・北川(左)と競り合う神戸・大崎=ノエスタ

前半、清水・北川(左)と競り合う神戸・大崎=ノエスタ【拡大】

 明治安田J1第4節(17日、神戸1-1清水、ノエスタ)J1の直近2試合に計9失点で連敗していた清水は、後半43分に鄭大世の得点で追い付き、3連敗を免れた。1点は失ったものの前線からの守備が機能し、シュート数でも神戸を上回った。ヨンソン監督は「選手全員が役割を果たしてくれた」と攻守に手応えを口にした。

 後半途中から出場し、GKの頭上を打ち抜く正確なシュートで決定力の高さを示した鄭大世は「点を取れたことは良かった。負けていたらしんどかった。引き分けは大きい」とうなずいた。

清水・滝(J1では初先発の19歳)「手応えはあった。何度か好機はつくれていたので、あとはそこを決めきるだけ。これから頑張る」

試合結果へ

  • 前半、空中で競り合う神戸・ダンクレー(左)と清水・滝=ノエスタ
  • 前半、競り合う神戸・ビジャ(左)と清水・立田=ノエスタ