2019.3.17 17:18

浦和、オリベイラ監督の采配ズバリ!交代策的中&杉本の恩返し弾で逆転勝利

浦和、オリベイラ監督の采配ズバリ!交代策的中&杉本の恩返し弾で逆転勝利

浦和、オリベイラ監督の采配ズバリ!交代策的中&杉本の恩返し弾で逆転勝利

浦和、オリベイラ監督の采配ズバリ!交代策的中&杉本の恩返し弾で逆転勝利【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第4節が行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。

 C大阪は都倉賢、柿谷曜一朗、清武弘嗣が前線でユニットを形成。一方、浦和は古巣戦となる杉本健勇が先発した。

 リーグ戦はここまで1得点のC大阪だが、都倉の高さを武器に攻め立てていく。徐々にシュートまで持ち込むシーンも増え、可能性を感じさせ始める。逆に浦和は前線で起点ができず、攻撃の形を作れない。

 それでも、浦和はバイタルエリアでの守備が集中しており、決定機までには至らない。

 後半に入ると、C大阪が両サイドから揺さぶりをかけ、浦和ゴールに圧力を強いる。一方の浦和はカウンターから杉本に初シュートが生まれ、押し返す。

 拮抗した試合を動かしたのはセットプレー。C大阪がゴール左の角度のないところでFKを獲得すると、狙うのはソウザ。ファーを射抜く見事なキックでネットを揺らし、先制点を奪う。

 劣勢の浦和は山中亮輔、マルティノスを投入し、流れを変えに動く。すると直後の76分、山中のFKから興梠慎三が合わせ、試合は振り出しに。

 さらにマルティノスが左サイドで仕掛けると、ペナルティーエリア内でファウルを誘いPKを獲得。これを杉本が沈め、今季初ゴールを古巣から奪う。

 結局、浦和が逃げ切る形で逆転勝利。浦和がリーグ戦連勝を飾っている。(Goal.com)

試合結果へ