2019.3.17 17:11

G大阪が今季2勝目、日本代表DF三浦が決勝弾

G大阪が今季2勝目、日本代表DF三浦が決勝弾

特集:
森保JAPAN
川崎に勝利し、タッチを交わす三浦(5)らG大阪イレブン=等々力

川崎に勝利し、タッチを交わす三浦(5)らG大阪イレブン=等々力【拡大】

 明治安田生命J1第4節、川崎-G大阪(17日、等々力)はG大阪が1-0で勝利。開幕戦以来の勝利で今季2勝目を手にした。

 ドローがちらつき始めた0-0の後半アディショナルタイムに試合が動く。G大阪はFWアデミウソンがドリブルで持ち上がり、敵陣中央から左へパス。これを受けたMF小野瀬がDF藤春へパス。藤春がペナルティーエリアからグラウンダーのクロスを供給すると、これをDF三浦がファーサイドから無人のゴールに押し込んで決勝点を決めた。

 リーグ開幕から3試合連続引き分け中だった3連覇を狙う川崎はホームで初黒星を喫した。

  • 試合終了間際、決勝ゴールを決めるG大阪・三浦(5)=等々力