2019.3.17 16:56

ホームで鹿島に完敗…札幌・ペトロビッチ監督「経験値、クオリティの差が出た」

ホームで鹿島に完敗…札幌・ペトロビッチ監督「経験値、クオリティの差が出た」

ホームで鹿島に完敗…札幌・ペトロビッチ監督「経験値、クオリティの差が出た」

ホームで鹿島に完敗…札幌・ペトロビッチ監督「経験値、クオリティの差が出た」【拡大】

 北海道コンサドーレ札幌は、17日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節で鹿島アントラーズとホームで対戦し、1-3で敗れた。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、試合後のフラッシュインタビューで鹿島との「経験値の差」を敗因に挙げた。

 第2節で浦和レッズを撃破し、ホームに戻った前節では清水エスパルス相手に5発大勝と上向き調子であった札幌。しかし、ホーム連戦となった鹿島戦は前半に2点を許す苦しい展開に。後半に入ってもリードを広げられる一方で、反撃は終盤の1点のみ。自慢の攻撃陣が鳴りを潜め、今季2敗目を喫してしまった。

 ペトロヴィッチ監督は「我々がいい形で多くチャンスを作っていたし、ボールを握る時間もあった」としながらも、「相手は我々が失ったボールをカウンターで得点を重ね、逆に我々は作ったチャンスを決めきれなかった」ことが勝敗に表れたと指摘。「そういったチームの経験値の差、クオリティの差が出たと思う」と、敗因を述べた。

 それでも指揮官は「今日の試合の反省というのをしっかりと中断期間に修正をして名古屋戦に向けていい準備をしたい」と、最後は切り替えを強調していた。

 これで開幕4試合で2勝2敗となった札幌は、代表戦開催における中断期間を経て30日に名古屋グランパスと対戦する。(Goal.com)

試合結果へ