2019.3.17 15:30

FC東京、名古屋下し3連勝で首位浮上 古巣相手に3戦3発の永井は「気まずいですね」

FC東京、名古屋下し3連勝で首位浮上 古巣相手に3戦3発の永井は「気まずいですね」

後半、先制のゴールを決めサポーターと喜び合うFC東京・永井(左)=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)

後半、先制のゴールを決めサポーターと喜び合うFC東京・永井(左)=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 明治安田J1第4節(17日、FC東京1-0名古屋、味スタ)2位のFC東京は首位の名古屋と対戦。後半9分にFW永井謙佑(30)がゴールを決めFC東京が3連勝を飾った。4試合連続出場したU-22日本代表、FC東京のMF久保建英(たけふさ、17)は後半22分に交代した。チームは首位に浮上した。

 FC東京は前線の永井にボールを集める攻撃を展開。4分、東の縦のスルーパスをエリア内で受けた永井はGKと1対1になったが、シュートは枠をとらえられず。26分、自陣でボールを持った久保が、ドリブルで相手陣地に切り込むと、左サイドの永井にスルーパス。永井がペナりティーエリア左から折り返したが、ディエゴオリベイラには惜しくも合わず。40分、ロングパスを受けた永井が右サイド深い位置でボールをキープし、高萩にパス。パスを受けた高萩がマイナス方向へ折り返すと、走り込んできた東が強烈なシュートを放ったが、惜しくもサイドネット。結局、ゴールを奪えず前半を終えた。

 FC東京は後半9分、永井が古巣相手に先制ゴールを挙げた。東が自陣から永井へ縦のスルーパス。パスを受けた永井がドリブルでエリア内に持ち込み、エリア内で相手GKと1対1になると右足でシュートを放ち、ゴール右へ決めた。

 勢いにのるFC東京は18分、センターサークル付近でパスを受けたディエゴオリベイラがドリブルでエリア前まで運びシュート。GKは弾いたこぼれ球を久保が詰めてシュートを惜しくもサイドネット。その久保は22分に大森と交代した。

 36分、左サイドの小川からエリア内左でパスを受けたディエゴオリベイラが、右横の田川に落とし、田川がシュートを放つもゴール右へ外れた。

 FC東京は最後まで永井のゴールを守りきり、名古屋を下した。

 決勝点の永井は「(今シーズンは)なかなか決められなかったので、決められてよかったです。(東)慶悟が前を向いた瞬間(パスが)来ると思ったので信じて走るだけでした。先制点を取れれば勝てると思ったので、先制点を決められるよにひたむきにやってましたね」と振り返った。古巣名古屋戦で3戦連続ゴールについては「気まずいですね」と会場の笑いを誘った。

試合結果へ

  • 前半、攻め込むFC東京・久保=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、攻め込むFC東京・久保=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、攻め込むFC東京・室屋=味の素スタジアム(撮影・蔵賢斗)