2019.3.17 08:35

ロイス土壇場逆転弾!ドルトムントが敵地でヘルタを下し、暫定で首位奪還

ロイス土壇場逆転弾!ドルトムントが敵地でヘルタを下し、暫定で首位奪還

ロイス土壇場逆転弾!ドルトムントが敵地でヘルタを下し、暫定で首位奪還

ロイス土壇場逆転弾!ドルトムントが敵地でヘルタを下し、暫定で首位奪還【拡大】

 ブンデスリーガ第26節ヘルタvsドルトムントが現地時間16日行われた。

 前節バイエルンに勝ち点57で並ばれ、得失点差で2位に転落したドルトムントにとっては負けられないアウェー戦となったが、この試合で先行したのはヘルタだった。

 開始4分、ミドルシュートをロマン・ビュルキが弾き、そのこぼれ球をサロモン・カルーが押し込んで先制。

 追う展開になったドルトムントは14分、カウンターの場面でトーマス・デラネイのシュートがヘルタDFに当たってコースが変わり、1-1に。

 35分にはPKのチャンスをものにしてカル-が2点目を決め、2-1で前半終了。

 後半に入り47分、ドルトムントはCKからダン・アクセル・ザガドゥが頭で押し込んで2-2の同点に追いつく。

 ここからドルトムントがさらに攻勢をかけるもなかなか追加点が遠く、ネットは揺れず。ようやく決勝点が入ったのは後半アディショナルタイムだった。左サイドからジェイドン・サンチョがグラウンダーを入れ、マルコ・ロイスがダイレクトで流し込んで土壇場でドルトムントが3-2とリード。

 試合はこのままフルタイムを迎え、勝ち点3を積み重ねたドルトムントが勝ち点を60に伸ばし、暫定ながら首位の座を奪還している。(Goal.com)

試合結果へ