2019.3.16 16:33

“股間パフォ”のC・ロナウドをネドヴェド氏が擁護「彼はマドリーで多くの侮辱を」

“股間パフォ”のC・ロナウドをネドヴェド氏が擁護「彼はマドリーで多くの侮辱を」

“股間パフォ”のC・ロナウドをネドヴェド氏が擁護「彼はマドリーで多くの侮辱を」

“股間パフォ”のC・ロナウドをネドヴェド氏が擁護「彼はマドリーで多くの侮辱を」【拡大】

 ユベントスのパヴェル・ネドヴェド氏は、クリスティアーノ・ロナウドに処分が科されることはないだろうと話した。

 12日に行われたチャンピオンズリーグのAマドリード戦で、ハットトリックの活躍を見せて、逆転でのベスト8進出に大きく貢献したロナウド。試合終了後、歓喜に沸く同選手はファーストレグで敵将ディエゴ・シメオネ監督が行った“股間パフォーマンス”を行っていた。一部でこれは不適切な行為に当たると考えられており、ユベントスFWに何らかの処分が下される可能性があるという。

 15日に行われたCL準々決勝の組み合わせ抽選会の後、ネドヴェド氏は試合後に物議を醸し出すパフォーマンスを行ったロナウドを擁護し、重大な処分を科される可能性はないだろうと『スカイスポーツ・イタリア』で主張した。

 「彼への処分に怯えてなどいない。フィールド上でのジェスチャーであり、ピッチ上でのことはその場にとどめておくべきだ。それに、彼はマドリーで多くの侮辱を浴びていたし、我々のホームにやって来たサポーターからも目の敵にされていた。何の処分も科されずに前に進もうじゃないか」

 また、準々決勝の相手は、3連覇中の王者Rマドリードをベスト16で退けたアヤックスに決定。勢いのあるオランダのチームと対戦することについても、ネドヴェド氏はコメントを残した。

 「我々は勝ち上がるに相応しかった。そして、チャンピオンズリーグでさらに2試合、準々決勝を戦える権利を手にした。これはサポーターにとってとても素晴らしいことだ」

 「(アヤックスとの対戦に)私はハッピーでもアンハッピーでもない。これは本当に良い対戦になると予想している。Rマドリードとの試合でアヤックスは持っている力を証明した。あれはまぐれなどではない。私はあの試合の彼らのパフォーマンスを楽しんで見ていた。だからこそ細心の注意を払わなければならない」

 23年ぶりの欧州制覇を目指すユベントスは、4月10日と16日にアヤックスとの準々決勝を迎える。(Goal.com)