2019.3.15 05:01

日本代表、アジア杯から13人入れ替え 麻也、長友らは外れる…昌子は返り咲き

日本代表、アジア杯から13人入れ替え 麻也、長友らは外れる…昌子は返り咲き

特集:
昌子源
アジアカップ2019
今回の代表メンバーの内訳

今回の代表メンバーの内訳【拡大】

 日本協会は14日、キリンチャレンジ杯のコロンビア戦(22日、日産ス)とボリビア戦(26日、ノエスタ)に臨む日本代表23人を発表した。

 アジア杯の23人中、13人を入れ替え、古株から若手まで幅広く呼び寄せた。W杯からの返り咲きはMF香川のほか、フランス1部のトゥールーズに移籍したDF昌子、神戸に移籍したMF山口が新天地でプレーの幅を広げつつある。

 初招集の4人は伸び盛り。鈴木、鎌田の両FWは所属先で得点を重ね、安西はサイドなら左右やMF、DFを問わずこなせる。畠中は攻撃の組み立てにも貢献できるセンターバックだ。

 アジア杯開幕前に負傷離脱した中島、守田も順当に復帰。一方、W杯以降も招集されていた主将の吉田、長友、酒井宏ら主力DFが外れた。けがの長友以外は新たな選手の発掘を優先。攻撃陣では大迫、武藤、北川、伊東、原口が外れ、中盤で遠藤と青山が招集を見送られた。

試合日程へ代表メンバーへ