2019.3.15 16:02(1/3ページ)

苦渋の決断も、名古屋に来てよかった 米本、古巣FC東京戦で成長した姿を見せる

苦渋の決断も、名古屋に来てよかった 米本、古巣FC東京戦で成長した姿を見せる

苦渋の決断も、名古屋に来てよかった 米本、古巣FC東京戦で成長した姿を見せる

苦渋の決断も、名古屋に来てよかった 米本、古巣FC東京戦で成長した姿を見せる【拡大】

 名古屋グランパスは、3月17日に行われる明治安田生命J1リーグ第4節でFC東京と対戦する。3連勝で首位に立つ名古屋と、2勝1分で2位につけるFC東京の首位攻防戦。カギを握るのは、10年過ごした古巣・FC東京と初めて対戦する米本拓司だ。新天地で輝きを放つ米本が古巣戦に懸ける思いとは。【文=齋藤孝一】

 ■生涯・FC東京という思いもあった

 J1唯一の3連勝で首位に立った名古屋。今節、チームタイ記録となる開幕4連勝を懸けて戦うのは、2勝1分で2位につけるFC東京だ。いきなりの首位攻防戦だが、名古屋にとってFC東京はあまり相性のいい相手ではない。

 沖縄キャンプで行われた練習試合で、両チームとも春季キャンプの総仕上げとして相見えたが、主力組同士の対戦は6-2の大差でFC東京が勝利。名古屋からすれば、ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑とスピードのあるFW陣に、してやられた格好だった。

 しかし、風間監督は「崩されて失点しているわけではなく、いるべきポジションにいなかった。課題が出て選手たちもそれをしっかり認識できて、逆に良かった」とポジティブに捉え、カウンター対策をチームに落とし込んだ。そして開幕からその成果も出て3連勝と、まさに「災い転じて福となす」という言葉どおりの結果になった。

【続きを読む】