2019.3.15 20:56(1/6ページ)

元シャルケマネージャーが語るノイアーとラキティッチ

元シャルケマネージャーが語るノイアーとラキティッチ

元シャルケマネージャーが語るノイアーとラキティッチ

元シャルケマネージャーが語るノイアーとラキティッチ【拡大】

 シャルケのSD(スポーツディレクター)であり、取締役でもあるクリスティアン・ハイデルが2月に退任となった。本人の申し出により、今夏までで契約は打ち切りに。その後任の一人と目されるのがエリク・シュトッフェルスハウスだ。

 移籍市場で度々、上手くやってきた有能な人物であり、マンチェスターUすら彼に食指を伸ばしているという。今回は『Goal』のロングインタビューでこの48歳の素顔に迫っていく。

 波乱万丈な人生を振り返ったシュトッフェルスハウスは、既成概念に囚われないようドイツサッカー界に求めている理由と、カナダが若手育成の面で抜きん出ている理由を説明してくれた。

【続きを読む】