2019.3.14 19:12

U-22招集のMF久保建英「東京を代表して、日の丸をつけて輝けるよう頑張る」

U-22招集のMF久保建英「東京を代表して、日の丸をつけて輝けるよう頑張る」

U-22招集のMF久保建英「東京を代表して、日の丸をつけて輝けるよう頑張る」

U-22招集のMF久保建英「東京を代表して、日の丸をつけて輝けるよう頑張る」【拡大】

 日本サッカー協会(JFA)は14日、22日からスタートするAFC U-23選手権タイ2020予選に臨むU-22日本代表メンバーを発表した。飛び級で選出されたFC東京MF久保建英がクラブを通じて意気込みを口にした。

 同大会の予選は、西地区6グループ、東地区5グループの11グループに分けて行われ、各グループ1位・2位の上位4チームに開催国タイを加えた計16チームが2020年に行われる本大会に出場する。

 メンバーにはFC東京の久保建英が昨年11月のUAE遠征に続いて飛び級で選出。横浜F・マリノスへの期限付き移籍から復帰した17歳は、今季の明治安田生命J1リーグで開幕先発を飾り、王者・川崎フロンターレ相手に抜群の存在感を見せた。

 試合後に長谷川健太監督も顕著な成長に「堂安(律)がヨーロッパに行く前のレベルくらいまで来ている。ヨーロッパから声がかかるのは遠くない」と、元教え子の名前を出して称賛していた。

 また、直近のJ1第3節のサガン鳥栖戦では、後半アディショナルタイムにジャエルの加入後初ゴールをアシスト。自身もJ1で初のフル出場を記録していた。

 U-22日本代表選出にあたり久保は「今回、U-22日本代表に選んでいただき非常に嬉しく思います。東京を代表して、日の丸をつけて輝けるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」とクラブを通じてコメントしている。

 また、FC東京からは久保のほかにGK波多野豪、FW田川亨介がメンバーに名を連ねている。(Goal.com)

試合日程へ